【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

nizimaでの値段の格差の理由

nizimaを除いたところ、Live2Dモデルでも500円で販売されているものから
25万円とかで販売されているものもありました。
この差は何なのでしょうか?
同じキャラを他の人が使っているかもしれないのは書き出しデータの販売のものだと思いますが、
オリジナルデータでも1000円くらいで販売していて商用利用可というものもあります。
なぜなのでしょうか?

コメント

  • Live2Dモデル作成作業時間が80時間、10日ぐらいとして、時給1500円(PC機材、ソフト代込)で12万円
    1体だけの独占使用できるモデルなら12万になり、複数販売で12体売るつもりで1万円にしたりいろいろです

    学生さんなどが時給換算を考えず、趣味で初めて作った基本的なモデルを安く売る場合があったり、
    いろいろ事情や状態によって変わるようです

    Live2Dモデルであっても、モデルの機能や動きの質によっても価値が変わるので
    試しに動かしてみて値段や権利関係との釣り合いで選ぶと良いようです
  • ありがとうございます。
    試しで動かせるので見てみたのですが、キャラも可愛いし動きも良いものでも
    1万円どころでなく1000円とかで販売されているようなのです。
    私としては作成側に興味があるのですが、これでは作れるようになっても
    割にあわないのではないかと心配になりました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。