【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Apple Motion5用プラグインの検討

いつもお世話になっております。
AppleのFinalCut Pro XおよびMotion5を使用して映像作品を配信するYouTuberをやっている者です。
『二次元+三次元=』ビデオブログと称し、キャラクターとテキストボックスの表示をベースに実写の映像作品を配信しております。
https://www.youtube.com/channel/UCYpu7V31Si5rHUFkS9aNPpw

以前からLive2Dの機能に興味を持っており、作中に登場するキャラクターを自在に動かすことができる可能性を見据え、
今年よりアプリのオペレーションを学んでいる最中です。

mocファイルを編集ソフト側から動かすためのAdobe After Effects用プラグインを用意されているようですが、
より柔軟なワークフローに対応できるよう、Apple Motion5用プラグインを制作することは可能でしょうか。
現状FCPXユーザーの場合ですと、Live2Dモデルを作中へ導入する際は一度映像データへ変換する必要があり(特に現在はAnimatorでも.movやmp4への変換ができないと思われます)、
作業工程に大きな時間が掛かってしまう可能性があるのです。
適切な映像素材に変換できればそれに越したことはないのですが、直接映像編集ソフトで調整ができると
より制作効率を向上できるかもしれないと思いご要望をさせていただきました。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討いただけると幸いです。
sevena7a
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。