【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Viewerから出力したJSON解析するコード

公式で配布しているUnityのサンプルコードが再利用しづらかったので、単純化したコード書きました。
内容としては、Viewerから出力したJSONを解析するコードになります。
効果としては、Inspectorが見やすくするだけですけどね :#

[使用前]
モーションや音声ファイルが多くなると見辛くなる...。


[使用後]
JSONファイルでファイルパス管理するので見やすいっ!



自分のブログにJSON出力のやり方とサンプルコードを載せたので、必要な方は参考にして下さい

(*) Live2DでJSON対応のUnityコード書いた
1.png 64.4K
2.png 47.7K
3.png 24.5K
タグ付けされた:
y_a_s_(Dev Staff)necoganesoa (Dev Staff)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。