新しいLive2D公式コミュニティ(日本向け)が公開されました!
ぜひご利用ください!
Live2D公式コミュニティ

■このコミュニティの今後について
このコミュニティ(forum.live2d.com)につきましては、しばらくの間新コミュニティと並行して運営しますが、2022年内を目処に閉鎖する予定です。
閉鎖時期や内容については決定次第お知らせいたします。
海外向けコミュニティについては変更ございません。
【各最新OSの対応状況について】
Cubism Editorは 4.1.02 正式版以降でWindows 11 及び macOS Monterey に対応しております。ぜひ最新版をご利用ください。
※macOSをお使いの方でOSアップデートする際は必ずCubism Editorのライセンスを解除してください。
Cubism EditorをインストールしているmacOSをアップグレードしたい
Cubism SDKについては各SDKのREADMEまたはNOTICEをご確認ください。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

pose.jsonについて

初めまして、コミュニティがあるとのことでご相談させていただきました。

過去バージョンの2.1で腕などクロスフェードさせたい部分に関して、ビューワー上でpose.jsonを設定することでフェード管理ができていましたが
3.0ではpose.jsonの書き出しができないのでしょうか?
また現状クロスフェード表現を行う場合、どのような手法が考えられるでしょうか?

それではよろしくお願いいたします。

コメント

  • @ぼっぴー さん

    3.0では、pose.jsonによるパーツの表示状態の管理は廃止されました。
    ですが、SDKからであればクロスフェードを表現することが可能です。
    たとえば、Unityなら、AnimationClipを利用するとパーツの表示状態を切り替えられます。
    このAnimationClipにはアニメーションではなく、パーツの表示状態を設定します。

    近日公開予定のチュートリアルでも説明はありますが、以下に概要を箇条書きで説明しております。
    ※以下の手順は全てUnityの機能を利用した設定例です。各機能の詳細はUnityのマニュアルを参照してください。

    1. Animatorコンポーネント(AnimatorController設定済み)をアタッチしたモデルを用意し、Pose用のレイヤーを新規作成します。
    2. 空のAnimationClipを作成してそのレイヤーにAnimationClipをドラッグ・アンド・ドロップします。
    3. Animationビューから表示状態を制御したいパーツIDのOpacityを全てAnimationClipに追加します。
     ※AnimationClipで制御するプロパティは Parts/[パーツID]/Opacity です。
    4. AnimationClipに追加したパーツIDのうち、表示させるものの値を1に、それ以外の非表示にさせるものには0を設定します。
    例えば、A、B、CというIDのOpacityが追加されていて、Aを表示させたい場合は、A:1、B:0、C:0 と設定します。
    5. このAnimationClipを、表示状態毎にそれぞれ作成し、Mecanimのステートマシンで遷移させると表示状態を制御することが出来ます。
  • 編集済: 7月 2017
    お久しぶりです、間が空いてしまいましたが追加でご質問したいことがあります。

    >4. AnimationClipに追加したパーツIDのうち、表示させるものの値を1に、それ以外の非表示にさせるものには0を設定します。
    >5. このAnimationClipを、表示状態毎にそれぞれ作成し、Mecanimのステートマシンで遷移させると表示状態を制御することが出来ます。


    こちらですが以下の手順でも同様の結果が得られますでしょうか?


    1.cubism3.0アニメーターの「Live2D パーツ表示」の項目でA:100、B:0のキーだけ打ち込んだシーンとA:0、B:100のキーだけを打ち込んだシーンの2つを作成し、それぞれモーション書き出しをする。


    2.吐き出した2つのモーションjsonをunityに読み込ませ、アセット欄に生成された2つのAnimationClipを設定済みのAnimatorControllerに読み込ませる


    3.Mecanimのステートマシンで遷移させ、AB間の表示状態を制御する



    よろしくお願いいたします。

  • @ke_kenkyu さん

    はい、その手順でパーツの切り替えを表現することができます。
  • ありがとうございます!
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。