★お知らせ(2023/12/27)
いつもLive2D公式コミュニティをご利用いただき誠にありがとうございます。
本コミュニティは2023年12月27日 11:00をもって閉鎖いたしました。
今後の運営はすべて新Live2D公式クリエイターズフォーラムに移行します。
閉鎖に伴い、以下機能は利用不可となります。
・アカウントの新規作成
・トピック投稿、返信
たくさんのご利用誠にありがとうございました。

新Live2D公式クリエイターズフォーラムは以下バナーよりご利用いただけます。
Live2D公式クリエイターズフォーラム

なお、本コミュニティに投稿されたトピックはすべて残りますが、今後削除する可能性がございますので予めご了承ください。
閉鎖に関するお問い合わせにつきましてはLive2D公式クリエイターズフォーラムへご連絡ください。

パーツを切り替え表示する方法について

手などのパーツを切り替え表示する方法は現在3通りの方式があります

・パーツ切替えLive2D基本方式
しずく、ひよりのサンプルで使われている方式
腕A、腕Bと分けて作成し、利用ソフトでの記述で切替や表示切替で使用する
モーション作成でパラメータ以外に表示切替の設定が必要

・パラメータの点付けで切替える方式
パラメータの点を表示したい部分だけ付ける方式
Live2D上では正常に機能しますのでLive2Dビュアーなどでの利用までなら問題なし
他ソフトでの組み込み利用時に問題となります(FaceRigなど)
パラメータ点なしのパラメータ値になった時、パーツは消えますが位置の追従も消え取り残されるようで
本体が移動すると消えたパーツが消えた位置で出現したり
再度表示パラメータ値になると消えた位置から吸い寄せられるように出現移動したりします

10から-10までのパラメータにて、
下げた手は-10と0の2点のみ付け10は点なし
上げた手は0.01と10で-10は点なしで作成、パラメータ変化で手が切替わる

・パラメータの不透明度で切替える方式
表示しない所では不透明度を0%にする方式

10から-10までのパラメータにて、
下げた手は-10と0の点は不透明度100%、0.01と10の点は不透明度0%
上げた手は-10と0の点は不透明度0%、0.01と10の点は不透明度100%
パラメータ変化で手が切り替わって見える

sevena7afox
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。