Live2Dに関するユーザーのみなさま同士の交流・ご質問・不具合の報告・提案・要望などについて是非お寄せください。
※Live2D公式スタッフからの発言や回答については確約できないことを予めご了承ください。

Live2D ヘルプ

Cubism Editorダウンロード / 動作環境
Cubism SDKダウンロード / 対応表
Cubism 製品利用ライセンス(SDK含)

Cubism 製品のライセンスについてのお問い合わせはこちら
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

パーツを切り替え表示する方法について

手などのパーツを切り替え表示する方法は現在3通りの方式があります

・パーツ切替えLive2D基本方式
しずく、ひよりのサンプルで使われている方式
腕A、腕Bと分けて作成し、利用ソフトでの記述で切替や表示切替で使用する
モーション作成でパラメータ以外に表示切替の設定が必要

・パラメータの点付けで切替える方式
パラメータの点を表示したい部分だけ付ける方式
Live2D上では正常に機能しますのでLive2Dビュアーなどでの利用までなら問題なし
他ソフトでの組み込み利用時に問題となります(FaceRigなど)
パラメータ点なしのパラメータ値になった時、パーツは消えますが位置の追従も消え取り残されるようで
本体が移動すると消えたパーツが消えた位置で出現したり
再度表示パラメータ値になると消えた位置から吸い寄せられるように出現移動したりします

10から-10までのパラメータにて、
下げた手は-10と0の2点のみ付け10は点なし
上げた手は0.01と10で-10は点なしで作成、パラメータ変化で手が切替わる

・パラメータの不透明度で切替える方式
表示しない所では不透明度を0%にする方式

10から-10までのパラメータにて、
下げた手は-10と0の点は不透明度100%、0.01と10の点は不透明度0%
上げた手は-10と0の点は不透明度0%、0.01と10の点は不透明度100%
パラメータ変化で手が切り替わって見える

sevena7afox
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。