【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

テクスチャアトラスの画質劣化について

モデル用画像よりもテクスチャアトラスで書き出したテクスチャが若干劣化してしまいます。





画像は肌の一部、30*105pixel程度の小さいパーツなのですが、
倍率を100%にして書き出ししてもまわりのフチが白っぽく劣化してしまいます。
小さいパーツですが必要な肌のパーツの一部ですので白っぽい部分が目立ちます。
モデル用画像表示(原寸)で見るとこのような劣化は見られません。

できれば直したいのですが、解決方法がわからない状態です。
もしくはこの程度の劣化は現状仕様なのでしょうか。

cubismはWin Pro版の最新のものを使用しています。
元画像はpsdデータで1500*3000pixel、解像度は350pixel/inchになります。
テクスチャアトラスは三枚に分け、すべて1024*1024、倍率は100%で配置しています。

何か解決策があればお願い致します。

コメント

  • acha0002様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子です。

    このたびはテクスチャアトラスの画像が劣化するとのことでご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。

    原因の特定のため下記の二点を私宛にDMにてご送付いただければ幸いに存じます。

    1モデルファイル(.cmo3)
     問題が発生しているモデルファイル。

    2 PSDファイル
     問題が発生しているモデルに読み込まれているすべてのPSDファイル。

     ・DMの送信手順
      この返信の投稿者名[虹子(Staff)]をクリックします。
      開いたプロフィール画面右上の[メッセージ]をクリックします。
      [新しい会話を開始]が開きますので、アイコン[Attach file]をクリックしログファイルを選択します。
      
      [会話を開始する]をクリックし、ご送信ください。

    お手数をおかけし大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    acha0002
  • DMさせて頂きましたが、一応こちらにも。

    先程、三度目のアトラス用データの初期化を行い、メッシュの再配置を行ったところ
    理由は不明ですが劣化をしなくなりました。

    手順は何も変えていませんが、ひとまず劣化は直りましたのでこのまま制作を続けたいと思います。

    関係があるかは不明なのですが、経緯としましては

    手動で各メッシュを様々な倍率にして(拡縮して)配置し、出力

    テクスチャの劣化

    アトラス用データの初期化は行わない状態で、メッシュの倍率をすべて
    100%に設定し再配置し、出力

    同じテクスチャの劣化

    このため、今回問題のモデルファイル以外はアトラス用データの初期化を行い再配置を
    することで劣化はなくなっていましたが、今回のものは数回初期化を行わないと直りませんでした。

    再発するかはわかりませんが、アトラス用データの初期化は気をつけたいと思います。
  • 編集済: 11月 2017
    上の劣化の問題ですが、メッシュ配置の際、元の角度から30~40?度以上回転を加えると劣化する状況が見られました。

    初期化を数回しないとならなかったのはその度手動で再配置をした際にメッシュに回転を加えるなどしていたからかと思われます。

    他の方も同条件で劣化が起こるかはわかりませんが(非常に微々たるものではあるので、影響のあるモデルも少ないかとは思います)、回転はあまり使わないほうが良かったかもしれません。

    ただ、テクスチャサイズとメッシュの倍率の関係で回転機能の使用は避けられませんので
    出来る限り対応を頂けますと幸いです。
  • ほとんど一年前の投稿ですが、テクスチャアトラス製作時に気をつけるべき点として上記の内容は少し誤解があるので
    今更ですが…こちらに追記させて頂きます。

    テクスチャアトラスにてパーツを配置する際、拡縮以外で出来る限り元データの品質を保持したい場合、
    回転角度を90°刻みに限定されることをオススメいたします。

    90°刻み以外の回転角度にすると、微々たるものですが上記のような軽い劣化が起るためです。
    この程度の劣化が問題にならないモデルの場合は無理に合わせる必要はないかと。

    品質を第一にということであれば、こちらを参考にして頂ければよろしいかと思います。

    調べたところこちらは不具合というよりはAdbe社を除いた大体の画像編集ソフトに
    存在するものだったということで、無知でお恥ずかしいかぎりですが。。。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。