【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

アニメーター上でpage up、page downを用いる際に起きる不具合?

ディスカッションへの連投失礼します…

地味なのですがタイムライン上のキーを選択した状態でpage up、page downを用いると
キーも一緒にフレーム移動してしまいます。
アニメーションの中割の確認のため頻繁に利用される方もいらっしゃるので少々危ない気がします。

バージョンは3.1.02です。お忙しいとは思いますが何卒よろしくお願いいたします。

コメント

  • 編集済: 2月 2018
    横から失礼します。

    この機能を不具合と捉え、無くされてしまうと困ります。
    “キーを選択した状態では、そのキーを1フレームずつ移動させる”
    “キーを選択しない状態では、その時点のフレームを表す赤い縦線(別のソフトでは時間インジゲータとか呼んだりします)だけ1フレームずつ移動させる”

    以上、両方の機能がある現状は便利だと思います。
    (Live2D以外の似たようなツールでタイムライン内の作業をする時にも同様に使い分けるので便利さを実感しています)

    危険かどうかで言えば、キーが選択された時の色が判り辛い事が問題なぐらいで、
    この仕様で困るなら単に選択しなければ良いのでは?としか…。
    別に他のツールに合わせろとは言いませんが作業効率の選択肢を狭めないで欲しいです。
  • 編集済: 2月 2018
    以前のバージョン2.1だと方向キー(選択したキーを左右に移動)とpage up/down(キーを選択、非選択に関わりなくフレームのみ移動)とで運用を分けることができていたのですが、今回はその差がなくなってしまっていたので気になり報告した次第です。
  • なるほど、自分はバージョン3.1しか知らないので上記のコメントをしたのですが、
    昔との違いは気になるでしょうね。
    やる事さえできれば操作キーは変わっても構わないとも思いますが、
    この方が良いと判断しての変更なのか、意図せずこうなったのか不明ですしメーカーさんにお任せします。
  • ke_kenkyu様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子でございます。

    このたびはCubism Editor 3においてショートカットキーによる再生位置の移動およびキーフレームの移動の動作が旧製品と違うためにご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。

    本件につきましては次回アップデート時に修正対応を行う予定となっております。
    引き続きご不便をおかけすることとなり誠に申し訳ございませんが、対応まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
    ke_kenkyu
  • よねよね様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子でございます。

    本件につきまして貴重なご意見を賜り誠にありがとうございます。
    次回アップデート時に旧製品の仕様に合わせた修正対応を行う予定となっておりますが、両方の機能は変わらずにご利用いただくことができますのでご安心ください。
    修正対応による仕様の変更等でご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。