【お知らせ】
Cubism Editor 4.2 alpha版を公開しました!

Cubism Editor 4.1よりも更に表現力を向上させる新機能が多数搭載されています。
この機会に是非ご利用いただき、たくさんのご意見をお寄せください!
※Cubism 4.2 alphaに関する投稿は新Live2D公式コミュニティをご利用ください。

Cubism 4.2 alpha版についてはこちら
詳細やダウンロードは新コミュニティサイトのCubism Editor 4.2 alphaカテゴリをご確認ください。

-----
新しいLive2D公式コミュニティ(日本向け)が公開されました!
ぜひご利用ください!
Live2D公式コミュニティ

■このコミュニティの今後について
このコミュニティ(forum.live2d.com)につきましては、しばらくの間新コミュニティと並行して運営しますが、2022年内を目処に閉鎖する予定です。
閉鎖時期や内容については決定次第お知らせいたします。
海外向けコミュニティについては変更ございません。
Live2Dに関するユーザーのみなさま同士の交流・ご質問・不具合の報告・提案・要望などについて是非お寄せください。
※Live2D公式スタッフからの発言や回答については確約できないことを予めご了承ください。

Live2D ヘルプ

Cubism Editorダウンロード / 動作環境
Cubism SDKダウンロード / 対応表
Cubism 製品利用ライセンス(SDK含)

Cubism 製品のライセンスについてのお問い合わせはこちら
nizima 及び nizima 製品についてのお問い合わせはこちら
【各最新OSの対応状況について】
Cubism Editorは 4.1.02 正式版以降でWindows 11 及び macOS Monterey に対応しております。ぜひ最新版をご利用ください。
※macOSをお使いの方でOSアップデートする際は必ずCubism Editorのライセンスを解除してください。
Cubism EditorをインストールしているmacOSをアップグレードしたい
Cubism SDKについては各SDKのREADMEまたはNOTICEをご確認ください。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

自作のシェーダをモデルに適用させるサンプルをいただくことは可能でしょうか?

編集済: 3月 2018 Cubism 3 SDK
自作のシェーダを使用してモデルにモザイクをつけたいのですが、適用するとマテリアルが非表示になってしまいます(消えたように見える)。

使用してみたシェーダは外部のもので大変申し訳ないのですが、以下の2つです。
・3D Object->Cube に「Censor Effect(Asset Storeにある)」を適用
・モデルとは別の普通のSpriteに「https://qiita.com/aa_debdeb/items/f2f6c56bcbe3f3ae4a36」のシェーダを適用

これら2つのシェーダで問題なくモザイクになりました。
Unityとしてやシェーダのコードとしては問題ないと思います。上記のシェーダのテストはLive2DのSDK周りは関わっていません。


これらのシェーダをLive2Dモデルの各マテリアルに同様に適用してみましたが、モザイク表示にはならず、消えたような表示になってしまいました。
(モデル->Drawablesオブジェクト内の各マテリアルのMesh RendererのMaterialに、上記シェーダを適用したマテリアルを適用)


なお、こちらを参考に、任意のマテリアルに対してSprite/Defaultのシェーダを適用させる事はできました。
http://docs.live2d.com/cubism-sdk-tutorials/unity-material-customization/
マテリアルにシェーダを適用させる手順についても問題はないと思います。


自作シェーダの場合のみ、意図した結果にならないようです。
コミュニティ内で「マテリアル」、「シェーダ」、「モザイク」などで検索して類似の質問がありましたが、どれも途中で終了していたので改めて質問を投げさせていただきました。

よろしくおねがいします。


-------------------------------
■環境
Windows10
Unity 2017.1.1f1 Personal
Cubism 3.0 モデル(SDK内に内蔵のKoharu)
Unity_SDK 3.0
-------------------------------

コメント

  • @BURAI_VC2008様

    Live2Dスタッフの小嶺です。

    例に挙げられたモザイクシェーダーではCullingの設定が入っていないため標準のカリング設定が適用され、
    裏面の判定を受けて非表示にされているもと推測されます。
    なのでモデルのTransform操作し裏面にひっくり返すと表示されると思われますがどうでしょうか?
    ほかにも様々な問題が出ていると思われます。

    Live2Dの機能をUnity上で実現するためにシェーダーの機能を使っていることもあり、
    ほかで動いていたシェーダーを適用してもうまくいかないことが多いです。
    シェーダーを自作したい場合は、Live2Dの元の機能を損なわないためにも
    まずは複製してからの改造という手段をお勧めいたします。

    よろしくお願いいたします。
  • 例に上げたシェーダ(Censor Effect)はカリングの設定が標準でONでしたのでOFFにし、あと少し力技な感じなことをしたところ、モザイクが実装できました。


    Censor Effectは適用したマテリアル全体を透明なモザイクにするので、マテリアル(モデルのDrawablesの各々のアートメッシュ)に適用すると上記動画の左側のようになります。今回は前髪をモザイクにしてみました。

    解決策としてCubism Editor側でモザイクシェーダ用のテクスチャを用意しておき、そのテクスチャをモザイクにするような方法で上記動画右側のようになりました。




    シェーダは別の方が作成したアセットですので2018/03/23時点ですが実装例を書いておきます。
    -------------------------------------------------------------------------
    ※モデルのインポートなどの基本的なSDK操作はマニュアルを参照するものとします。

    ■Cubism Editor(使用モデル:桃瀬ひより)
    モザイクシェーダ用のアートメッシュを作成する。


    前髪_モザイク用(ID:ArtMesh138)…モザイクシェーダを適用するアートメッシュ
    前髪(ID:ArtMesh56)

    前髪をモザイクにしたいので前髪のアートメッシュをコピーして複製しました。


    ■シェーダ(Censor Effect)の修正
    Unity AssetストアにあるCensor Effectを使用します。
    https://assetstore.unity.com/packages/vfx/shaders/censor-effect-111983
    このままでは使用できないので、シェーダのソースにカリングの設定をOFFにする設定を追加します。

    ★参考
    【Unityシェーダ】テクスチャの両面を描画する方法
    http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2017/03/03/202309

    こちらを参考にシェーダのソースにCull offを記述しました。


    ■Unity
    モデルのDrawablesの前髪_モザイク用(ID:ArtMesh138)アートメッシュに修正したモザイクシェーダを適用する。



    -------------------------------------------------------------------------
    これで力技ですがモザイクをモデルにつけることができました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。