【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

nizimaでのアプリ用規格案

アプリ等で共通に使えるモデルの規格についての検討ディスカッションです

・規格モデルは従来モーションやアプリでそのまま使用も可(全機能生かせないが動く)
・新旧どのアプリでも互換で使える(全機能生かせないが動く)
・新規格パラメータを追加、従来パラメータはそのまま継承
・手や足、全体の位置などの使い方、値も共通規格化
・nizimaで企画中のスマホアプリに搭載

コメント

  • 新規格案 感情パラメータ方式

    新規格ではアプリ担当が、どの感情をどの程度強く表現させたいかを指定するだけ
    従来の眉を20度傾け、眉を-1寄せ、眉位置を-1などの全パラメータ指定が不要
    新旧併用で作成してあれば従来通りも可能
    モデルごとに加減を見ながらの必要がなく、製作者の意図した感情表現が可能

    眉   
     眉感情パラメータ、眉の形や角度など感情ごとに作成
     眉感情程度パラメータ、0で基本形状 1で眉感情パラメータの状態

    目  
     目感情パラメータ、目の形状やまつ毛形状を変化させる
     目感情表示パラメータ、0で基本形状のまま 1で目感情パラメータの状態
     使い方は目感情パラメータの値を変えた後に目感情表示パラメータを上げて形を変える

    目玉  
     目玉感情パラメータ、目玉大小、うるうる目、キラキラ目、ハイライト消しなど
     目玉感情程度パラメータ、0で基本状態のまま 1で目玉感情パラメータの状態

    口  
     口開閉は-2から2まで拡張し、おおきな口、口結び(すぼみ)を規格化
     口幅、口角、位置、傾き、不等変形パラメータなど追加
     口変形は従来通り(FaceRig準拠)
     口感情パラメータ、笑顔口、ワ口などいろいろな口形状に切り替え
     口感情程度パラメータ、0で基本状態のまま 1で口感情パラメータの状態

    顔輪郭、しわ
     顔輪郭感情パラメータ、ふくれた顔、ゆるんだ輪郭、しわ、こわもて、など
     顔輪郭表示パラメータ、0で基本状態のまま 1で顔輪郭感情パラメータの状態
     感情パラメータ移動時に途中の状態を表示させない為に表示パラメータ(0で基本形状のまま)を使用

    顔色
     顔色パラメータ、赤面、青ざめ、黒影など着色を切り替えるパラメータ
     顔色表示パラメータ、0で非表示 1で表示 不透明度変化で表示
     棒状赤面、頬部分を赤面、顔全体赤く、どんより黒、青ざめ、疲労

  • 多重動作アイドリングの種類案

    Live2D使用のゲームを見ての通り数種のアイドリングがランダムで再生される程度だと
    覚えと慣れで飽きますので、多種の動きを合わせて再生し、
    それぞれに数種のモーションを用意する事で同じ状態がない

    個別アイドリング(よそ見、髪をさわる、手を動かすなど従来のアイドリング)
     頭向きアイドリング
     体向きアイドリング
     手動きアイドリング
     表情アイドリング
    レアアイドリング(あくび、伸び、いねむりなどあまり頻繁にしない動作を稀にさせる)
    環境アイドリング(時間経過での、風、光、雲などの変化をさせる)
    周辺アイドリング(お供のマスコット、鳥、虫などの動きをさせる)
    アクセサリアイドリング(モデルにある、あほ毛、尻尾、ケモ耳ぴくぴくなどの動き用)
    体アイドリング(個別呼吸、体芯ブレ、ふらふら揺れ、微妙な位置移動)
    固定アイドリング(定番呼吸、瞳光彩揺れ、固定振動)

    これらの複数のアイドリングが同時に数種のランダムの中から可動する事で
    同じ動きにならない
    Joe (Staff)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。