【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

「パーツパレット」の「デフォーマパレット及び、ビューエリアとのリンク」機能について

開発お疲れ様です。

すいません、早急な質問ではないのですが、
こちらのマニュアルページにある
⑩番のボタン 「デフォーマパレット及び、ビューエリアとのリンク」なのですが、
こちらの用途を知りたいので、どういったときに効果的に使えるかご教授いただければ助かります。

デフォーマパレットが非表示な時にボタンを押すと出現するような機能かと思ったのですが、そうでもなく、
パーツを押したとき、自動的にデフォーマパレットのパーツも選択する機能をON、OFFする機能かと思ったのですが
どうも違うようです。

もし、詳細にわかる方がおられたり、便利な機能だ!とのご意見があればお聞かせいただけると…

以上です、よろしくお願いいたします。
タグ付けされた:

コメント

  • donmaru2様

    ご質問誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。

    わかりづらく申し訳ありません…
    こちらは、オブジェクトの選択状態に連動して【ツリーが自動で開く】という機能でございます。
    たとえば、パーツパレットでこの機能をオンに、デフォーマパレットではオフにしている状態ですと、
    ビューエリアとデフォーマパレットで選択したオブジェクトに対してパーツパレットのツリーが開きます。

    今後とも弊社製品をお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。
  • enoko様

    ご回答ありがとうございます。
    なるほど、デフォーマパレットを常に別のウィンドウ、別モニターに表示しっぱなしの環境だったので気がつきませんでした。
    「ツリーが自動で開く」で試してみましたら、確かに右のほうに開くのが確認できました。
    個人的には閉じた時の過去のウィンドウと同じ場所、形状で再出現していただけると、便利になると感じましたので合わせてご意見として返信させていただきます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。