新しいLive2D公式コミュニティ(日本向け)が公開されました!
ぜひご利用ください!
Live2D公式コミュニティ

■このコミュニティの今後について
このコミュニティ(forum.live2d.com)につきましては、しばらくの間新コミュニティと並行して運営しますが、2022年内を目処に閉鎖する予定です。
閉鎖時期や内容については決定次第お知らせいたします。
海外向けコミュニティについては変更ございません。
【各最新OSの対応状況について】
Cubism Editorは 4.1.02 正式版以降でWindows 11 及び macOS Monterey に対応しております。ぜひ最新版をご利用ください。
※macOSをお使いの方でOSアップデートする際は必ずCubism Editorのライセンスを解除してください。
Cubism EditorをインストールしているmacOSをアップグレードしたい
Cubism SDKについては各SDKのREADMEまたはNOTICEをご確認ください。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

元に戻す(Ctrl+Z)の挙動が機能しない場合が稀にある

お世話になります。
以前からLive2D Modelerにて以下の様な症状が稀に起こります。


【本来の挙動】
A操作→B操作→C操作→Ctrl+Z→C操作取り消してB操作後まで戻る。

【稀に起こる挙動】
A操作→B操作→C操作→Ctrl+Z→C操作そのままにB操作を取り消してA操作後まで戻る。


ポリゴンの編集やデフォーマの編集中に発生し、元に戻すには手動で元の形に付け直す必要があります。
しかしながら発生条件や時期がまったく不明であり、意図して再現出来ません。

いつ頃から発生していたかは不明瞭ですが、最近のバージョンからというわけではないと記憶しています。


発生条件や対処法等をご存知の方がいましたらどうぞよろしくお願いします。

コメント

  • はじめまして、Live2DのSiba_Aです。

    今回のご質問に関してですが、
    弊社では再現できず、今のところ原因がわかっておりません。
    ひとまずこちらでも再現が出来次第対応を検討させていただきます。

    ご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません。
    何卒よろしくお願いいたします。
  • 編集済: 3月 2016
    >A操作→B操作→C操作→Ctrl+Z→C操作そのままにB操作を取り消してA操作後まで戻る。
    ここでいう、C操作の際に、クリック前からShiftキーを押した状態で操作すると、デフォーマが透明化し、その後Ctrl+ZでA操作まで戻ると思います。
    クリックしてから(操作し始めてから)Shiftを押すと、この症状は起こりません。

    デフォーマが透明化する時としない時があるのですが、おそらく以下の条件と思われます。

    ・曲面デフォーマ:Shift+コントロールポイントを動かすとデフォーマが透明化。移動、拡大縮小では起きない。
    ・曲面デフォーマ:Shift+移動で赤い部分が透明化。角度を変える、拡大縮小では起きない。

    デフォーマ透明化の状態で操作後、シフトを離さず再び同じデフォーマを操作すると透明だったデフォーマがまた見えるようになりますが、その状態でCtrl+Zを押すと、デフォーマの形はShiftを押して操作する前まで戻ります。

    例)A操作→Shift+B動作→Shift+C動作→Shift+D動作→Ctrl+Z→A操作へ戻る

    (曲面デフォーマで、再び見えるようになった状態で拡大縮小移動をすると、拡大縮小移動に関しては正常にCtrl+Zが動作するようです。その前は一気に戻ります)

    また、Shiftを押しっぱなしで2個以上コントロールポイントを動かすと、デフォーマのみ元の形に戻り、オブジェクトは元の形に戻せなくなるようです(同じポイントだと多分ちゃんと戻ると思います)

    開いた直後、1発目の操作でShiftを押しっぱなしにすると、Ctrl+Zが働きません。
    次にShift無しで動作するまで使えないと思います。
    また、その際はShift無しで行った動作のみ元に戻せて、Shift押しっぱなしで行った動作は元に戻せないと思います。



    伝わりづらい文章になっておりましたら、申し訳ありません。
    書き込んでる間に、はちゃち様からお話を伺ったことで判明した部分もありますので、
    他にも検証したらいろいろ出てきそうな感じはありますが、とりあえず、現時点で自分がわかる範囲で書かせていただきました。
    hatyati
  • Siba_A様。検証ありがとうございます。
    当方の環境で必ず発生する操作方法がありましたので追記させていただきます。


    再現方法
    1. 描画オブジェクトの親に曲面デフォーマを作成。
    2. 「Shiftを押しながら」デフォーマ変形
    3. 元に戻す(Ctrl+Z)
    4. 曲面デフォーマは変形と作成の二段階が元に戻り、描画オブジェクトは変形したままになる。

    操作時のキャプチャー動画をTwitterに上げています。



    「Shiftを押しながら」操作した場合に症状が現れました。操作中にShiftを押した場合は再現しませんでした。
    「Shiftを押しながら」問題が発生するのは曲面デフォーマのみのようです。回転デフォーマ、描画オブジェクトをShiftを押しながら操作した場合は問題は発生しませんでした。
    また、複数回連続した「Shiftを押しながら行った曲面デフォーマの操作」は、一回の元に戻す(Ctrl+Z)操作にてまとめて戻ります。

    以上のことから、「Shiftを押しながら」曲面デフォーマ操作時の処理が原因かもしれません。

    また、Shiftを押しながら曲面デフォーマを編集すると、デフォーマの選択が解除されます。
    連動した不具合かは私には分かりかねますが、関係無かった場合でも改善していだだけますと大変助かります。


    お忙しい中申し訳ありませんが、検証のほどよろしくお願い致します。
  • 回転デフォーマの移動でも同様の症状が出るようです
    同じデフォーマの操作が入っている場合は一回の元に戻すで両方が、
    違うデフォーマの操作が入ってる場合はShift操作分の元に戻すが消える。
    テクスチャのデフォーマ間の移動やパラメータ操作も、
    違うデフォーマの操作が前に入ってるのと同様の反応を示します
    hatyati
  • 私の方でもパターンが違いますが⌘zの違和動作がありましたのでご報告させていただきます。
    (といいましても、人の素体でのみのデバッグになりますので確実性は低めかもしれません)

    1.曲面デフォーマ>回転デフォーマ>オブジェクト の順で親子付けします(例えば目の曲面、目の縮小など)これを以下Aとします。
    2.大本の親子付け(例えば首の角度)これをBとします。AをBの子にします。
    3.⌘zでめっちゃでかくなる(描画オブジェクトが大きくなる以外は問題ありません)

    この方法でならないものは、1の時の回転デフォーマの方にパラメータを振ってから2と3を行うとおそらく起きるかと。

    主に差し替えの時のように追加したものに親子付けを入れたときに起こるバグになります。
    hatyati
  • 編集済: 3月 2016
    Live2DのCtrl+Z不具合調べやってたらデフォーマ作るとそれ以前の移動が戻せないのがありました
    パーツ移動-そのパーツの親デフォーマ作成-デフォーマ修正-また親デフォーマ作成-
    Ctrl+Zがデフォーマ作成なしまでしかきかずパーツ移動が戻らない

    2106版の64ビットPRO登録済み 2108版でも再現
    hatyati
  • お世話になっております、Live2DのSevenAです。

    Ctrl+Zでの不具合の件で、不便をおかけしておりまして申し訳ございません。
    そして、たくさんのご報告とご検証ありがとうございます!
    貴重なご内容、大変助かっております…。

    「Shift」押下時の不具合については、弊社でもいくつか再現することが出来ましたのでいろんな関連性を調査中です。

    この件に関してまだ確約は出来ないのですが、改善の兆しが見えてきましたので、皆さまに良い報告が出来そうです。
    もうしばらく、お時間を頂ければと思います!

    なにとぞよろしくお願いいたします。
    hatyati
  • 皆さま、お世話になっておりますLive2DのSevenAです。

    お待ちいただきました、デフォーマ編集時にShiftを押しながらドラッグを行うと「元に戻す」が正常に動作しない問題を解決しましたので、ご報告いたします。

    ご確認よろしくお願いいたします。

    【バージョンアップ CubismEditor 2.1.09】
    http://sites.cybernoids.jp/cubism-editor2/download

    ご協力ありがとうございました。
    今後とも、よろしくお願いいたします。
    hatyati
  • SevenA様

    素早い対応ありがとうございます。

    Ver2.1.09アップデート内容は、
    「Shiftを押しながら操作をしても元に戻る処理に影響が出ない」
    ではなく、
    「Shiftを押しながらの操作そのものを制限する事で不具合を出さない」
    という内容でよろしいでしょうか?

    Shiftを押しながら操作を良く行うので、制限されるのは使い心地に辛いものがあります。
    また、「Shiftを押しながらデフォーマを選択した際に選択が解除される」症状については改善の予定はあるでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、今後のアップデートにて改善していただければ助かります。
    また、他の方の症状も検証して頂けると幸いです。
    よろしくお願いします。
  • 編集済: 3月 2016
    >hatyati 様

    お世話になっております、Live2DのSevenAです。

    >「Shiftを押しながらの操作そのものを制限する事で不具合を出さない」
    はい、おっしゃる内容で大丈夫です。
    よろしくお願いいたします。

    また、今回は致命的なバグに関して早急に対応させて頂いたのですが…現状の開発もスピードを上げ皆さまにより有益なサービスを提供していきたいと考えております。
    ご要望の実装は検討させて頂くことになると思いますが、ぜひご要望リストに追加させて頂きます。

    引き続き、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。



    >ご検証いただいた皆さま
    不具合の解析ありがとうございます。
    現状再現できない内容もございまして、なかなかデバックに手がまわらない状況で申し訳ございません…。

    ぜひ、要望リストに追加させていただきまして検証させて頂きたいと思います。
    引き続き、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
    hatyati
  • SevenA様

    了解しました。
    次期大型アップデートやEuclidの開発で忙しい中対応して頂きありがとうございました。
    フォーラムの書き込みが今後のアップデートの一助となれば幸いです。

    よろしくお願いします。
    sevena7a
  • >hatyati 様

    お世話になっております、Live2DのSevenAです。
    この度は、不具合のご報告とご検証ありがとうございました。

    引き続き、今後ともよろしくお願いいたします。
  • もうすべて解決のようですね
    Ver2.1.09でも、うちの報告の件、直ってないけど仕様なのかな?
    よく調べず報告してすみませんでした
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。