質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

FacerigでQからYキーでのモーションの再生が違うものに入れ替わる

edited 09/06 in Facerig+Live2D Module
・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】Cubism Editor 3
・【ご利用のPC環境】Windows10
・【メモリ】16GB

はじめまして。
QからYキーでモーションの再生はできるのですが、録画したものを再生するとモーションが違うものに入れ替わってしまいます。

例えばですが、「Q」キーを押して、「Q」のモーションが再生されたものを保存して、確認したら「W」のモーションが再生される、といった具合です。
タイミングによってはうまく保存できることもありますが、ほとんどが想定外のモーションになってしまい、困っています。

「パフォーマンスを録音」から録画し、「ムービーとしてパフォーマンスをエクスポート」する、という方式をとっていますが、録画した当初(リアルタイム)はきちんと予測通りに再生されるのですが、保存しようとするとどうしても違うモーションに入れ替わってしまいます。
「パフォーマンスを録画してビデオとしてエクスポートする」で保存した場合も、「パフォーマンスを再生」した場合でも同じ現象が起こってしまいます。

何か解決策はないでしょうか?
Tagged:

コメント

  • cc_きゃらめい.cfg ファイルでモーションを指定しているならFaceRigのバグかも
    再生では、名前順でQからになっているとかですか?
  • edited 09/07
    cc_キャラ名.cfgでモーションを指定しています。
    他のスレッドを参考にして、
    set_special_action_anim model 'モーション名' 1
    set_special_action_anim model 'モーション名' 2
    set_special_action_anim model 'モーション名' 3
    set_special_action_anim model 'モーション名' 4
    set_special_action_anim model 'モーション名' 5
    set_special_action_anim model 'モーション名' 6
    といった具合で指定しており、この通りに再生されます。

    複数のパソコンで確認しても、どれも同じ現象が発生してしまいます。

    試しにですが、cc_キャラ名.cfgに記述した内容を削除しても同様に違うモーションに入れ替わってしまいました。
  • FaceRigのバグっぽいですね

    モーションファイル名を数値の連番にして少ない数値からQWERTYに割りあてるとか
    set_special_action_anim もでるめい 'm001' 1
    set_special_action_anim もでるめい 'm002' 2
  • edited 09/07
    モーションファイル名をm001~m006に書き換えて試してみましたが、変わらずでした。
    ダメ元でキャラ名も変えてみるなどしましたが、やはり無理でした。
    FaceRigのバグとして諦めるしかないのでしょうかね……。

    ちなみに、FaceRig既存のアバターでモーションが入っているもの(アリスなど)は、想定通りのモーションで保存できます。
Sign In or Register to comment.