【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Live2D Viewer で設定したリップシンクが認識されない

(http://sites.cybernoids.jp/cubism-sdk2/webgl2-1)
上記でダウンロードしたWebGL 2.1に同梱されているサンプル(SampleApp1)をBracketsで動かしていました。

そのサンプルアプリに対して、Live2D Viewerでリップシンクを設定し、「書き出し」→「lipsync.json」を出力しBracketsでテストしてみたところ、上手く動作しません。(Live2D Viewer上では動作しています。)
それに合わせ、model.jsonの修正なども必要なのでしょうか。

タグ付けされた:

コメント

  • @ozakishota さん

    Live2D Cubism 2 SDKはlipsync.jsonに非対応となっております。
    こちらは、Viewer上でモデルをリップシンクさせるための設定を記録する形式になります。

    SDKで同様のリップシンクを行う場合、ユーザ側でその機能を実装して頂く必要がございます。

    サンプルプロジェクト「sampleApp1」のLAppModel.jsでは、以下のように口の開閉用パラメータに値を設定する処理が記述されております。

    // リップシンクの設定
    if (this.lipSync == null)
    {
    this.live2DModel.setParamFloat("PARAM_MOUTH_OPEN_Y",
    this.lipSyncValue);
    }

    Live2D Cubism 2の標準パラメータでは、口の開閉用パラメータのIDは"PARAM_MOUTH_OPEN_Y"となっております。
    http://sites.cybernoids.jp/cubism2/modeler/parameter/standard-parameters
    この仕様に則ったモデルであれば、口の開閉用の値を lipSyncValue に設定すればSDK上でリップシンクを制御できます。
  • @y_a_s_(Dev Staff) さま

    お返事ありがとうございます。

    「Live2d Viewer上でモデルをリップシンクさせるための設定を記録する形式」という件、認識しました。
    SDKで実装してみます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。