Live2Dに関するユーザーのみなさま同士の交流・ご質問・不具合の報告・提案・要望などについて是非お寄せください。
※Live2D公式スタッフからの発言や回答については確約できないことを予めご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル
【年末年始のスタッフによる回答について】

いつもLive2Dをご活用いただきありがとうございます。

株式会社Live2Dは、2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで休業いたします。
年末年始の営業について
また、コミュニテイへの回答に関しては1月6日からを予定しております。
(※投稿内容によってはLive2D社スタッフからの回答を行わない場合もございます。)

なお、コミュニティ自体は年中無休で稼働しておりますため、
お気づきの点やご意見などは通常どおり書き込んでいただくことが可能です。

ユーザー様同士のコミュニケーションや回答ももちろん歓迎しておりますので、ご活用ください。

2020年も、変わらぬご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

Live2D Viewer で設定したリップシンクが認識されない

(http://sites.cybernoids.jp/cubism-sdk2/webgl2-1)
上記でダウンロードしたWebGL 2.1に同梱されているサンプル(SampleApp1)をBracketsで動かしていました。

そのサンプルアプリに対して、Live2D Viewerでリップシンクを設定し、「書き出し」→「lipsync.json」を出力しBracketsでテストしてみたところ、上手く動作しません。(Live2D Viewer上では動作しています。)
それに合わせ、model.jsonの修正なども必要なのでしょうか。

タグ付けされた:

コメント

  • @ozakishota さん

    Live2D Cubism 2 SDKはlipsync.jsonに非対応となっております。
    こちらは、Viewer上でモデルをリップシンクさせるための設定を記録する形式になります。

    SDKで同様のリップシンクを行う場合、ユーザ側でその機能を実装して頂く必要がございます。

    サンプルプロジェクト「sampleApp1」のLAppModel.jsでは、以下のように口の開閉用パラメータに値を設定する処理が記述されております。

    // リップシンクの設定
    if (this.lipSync == null)
    {
    this.live2DModel.setParamFloat("PARAM_MOUTH_OPEN_Y",
    this.lipSyncValue);
    }

    Live2D Cubism 2の標準パラメータでは、口の開閉用パラメータのIDは"PARAM_MOUTH_OPEN_Y"となっております。
    http://sites.cybernoids.jp/cubism2/modeler/parameter/standard-parameters
    この仕様に則ったモデルであれば、口の開閉用の値を lipSyncValue に設定すればSDK上でリップシンクを制御できます。
  • @y_a_s_(Dev Staff) さま

    お返事ありがとうございます。

    「Live2d Viewer上でモデルをリップシンクさせるための設定を記録する形式」という件、認識しました。
    SDKで実装してみます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。