Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

FacerigにてLive2D制作モデルを選択時に100%落ちます。

編集済:05/27 Facerig+Live2D Module
各所で調べましたが原因が不明です。

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】Cubism Editor 4.0.03
・【ご利用のPC環境】Windows10 pro
・【グラフィックボード】Intel(R) HD Graphics 630 / NVIDIA Quadro P600 (ドライバが最新であることを確認済)
・【CPU】Intel(R) Core(TM) i7-7700 CPU
・【メモリ】48GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】CLIP STUDIO


FaceRig上で自作モデルを選択すると、以上のようなエラーメッセージと共にFaceRigが落ちます。
OpenGL2.0に対応していない、との表示ですが、上記のグラボはいずれも対応しております。

なおファイル構造は以下の通りです。

SDK3.0/3.3/4.0いずれでも試しましたが再現率100%で即座に落ちました。
(間違えっているとはありましたが「CommonData」の方でも一度試しました、結果は変わりませんでした)
公式のチュートリアルを見ながら作ったものなので、複雑な効果等はしておりません。
作業ファイルは元々日本語の名前がついておりましたが、作業ファイルを半角英文字にて別名保存、
そこからすべての書き出し作業を行いましたので、手作業でのリネーム等は行っておりません。

FaceRigの再インストールも2回ほど試し、1度はFaceRig以下のフォルダを削除して行いました。
いずれも変化はありませんでした。
どなたか、ご助言いただければ幸いです。
タグ付けされた:

コメント

  • 編集済:05/27
    確認ですが、FaceRigは起動して、3Dモデルは普通に動きますか?
    FaceRigに添付のLive2Dモデルの方は普通に動きますか?
    スチームのワークショップにある有志作成のモデルを入れてみて、それは普通に動きますか?
    これらが全て正常に動いている時は、追加モデル側に問題がありそうです
    添付のLive2DモデルもダメとなるとFaceRigとPC側です
  • FaceRigの3Dモデルはすでに確認済みでしたが、言われて初めて気づき、
    今添付のLive2Dモデルを試した所、同様のエラーで落ちました。
    ということは、これは自作モデルの問題ではなく、Live2DModuleの方にありそうですね。

    制作元の方に問い合わせてみます、ありがとうございます!
  • 一応解決しましたので、同様の問題に直面された方がいらっしゃったときのため、結論だけ置いておきます。
    Live2D自体の問題とは少し離れますが、こういったケースもあるということで。

    2つを併用しているグラフィックボードがLive2DModuleに対し何等かの悪さをしていたようで、
    一つを無効化することで正常に動作することがわかりました。
    これにより、自作モデルも問題なく読み込めるようになりました。
    なお、読み込み後は再度グラボを有効化しても正常に動作しました。

    ご助言いただきありがとうございました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。