【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

FaceRig用表情差分の複数設定時、表情ごとにONOFFせずに切り替える方法について

FaceRig用表情差分の複数設定時、表情ごとにONOFFせずに切り替える方法について質問です。
現状複数設定時、例えばパラメータを「困惑」「驚き」と2種作成し、最小値を0、最大値を1と設定、キーを「Z」と「X」に割り振り。キー押下時に表情差分のレイヤーの透明度が100、もう一度同じキーを押下することでレイヤーの透明度が0になるようにしております。
この場合、Zを押したあと、Xを押すと表情差分のレイヤーが2枚重なる状態になり、標準の表情に戻すには両方押し直す必要があります。
これをパラメータを一つにまとめ、ONOFFではなく「困惑」→「驚き」→「標準」→「困惑」をそれぞれ一度のキー押下で切り替え表示する方法はありますでしょうか。
以下の方法では再現することはできませんでした。

【パラメータ設定】
パラメーター名「PARAM_FACE」最小値0、最大値2、
0「標準」
1「困惑」
2「驚き」
【コード】
set_special_pose_param [モデル名] 'PARAM_FACE' 0 1 1
set_special_pose_param [モデル名] 'PARAM_FACE' 0 2 2

ご存じの方いらっしゃいましたらご教授いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

  • 3Dモデルでよく使われる方法ですが、FaceRigだと書いてある通りうまくいかないです
    モーションの方で値が残る仕様を使い切り替えると出来ます
    キーを押すとその値へに変化し維持されます、
    別のキーを押すと他の状態をOFFにしつつ新たな表情をONに変えます

    「標準」用モーション 全部パラメータをOFFにする
    「困惑」用モーション 困惑だけONにして他はOFFにする
    「驚き」用モーション 驚きだけONにして他はOFFにする


    うちでやってる方法は
    眉、目、目玉、口の感情パラメータ値をモーションで変えてます
    「標準」用モーション 普段の微笑、眉、目、目玉、口など全部パラメータ値を0にする
    「困惑」用モーション 眉は困りの-10、目はタレ目の-5、目玉はうるうるの-2、口は慌て口の-5
    「驚き」用モーション 眉は0、目は見開き-10、目玉は小さく-2、口丸く-6
    数値を変えるだけで様々な表情が作れて便利です
  • コメントありがとうございます。
    無事モーションにて希望の動作を実装することができました。
    大変助かりました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。