【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

物理演算のプリセットやカーソル追従設定等についての要望

編集済:04/21 要望
お世話になっております。
日々開発お疲れさまです。
  • 物理演算設定のプリセットについて
入力設定や物理モデル設定のプリセットの登録が増えてくると一覧が非常にごちゃごちゃとしてしまいます。
Live2Dエディター上で簡単に並び替えができる機能がほしいです。
  • カーソル追従設定について
物理演算の動きの確認をする際に使用しますが、左ドラッグに追従する形で「X」と「Y」の設定しかできないため確認が十分に行えません。
また、現在「角度X」と「角度Z」を同じ「X」軸の追従に設定した場合、確認できない角度が出てきます。(XがプラスでZがマイナスの動きなど)

まず、パラメータ毎に、カーソル追従した際のパラメータへの反映の際にプラスマイナスを反転する機能がほしいです。
加えて、左ドラッグと右ドラッグへの割り当てを分けることができると、左ドラッグは「角度X」と「角度Y」に設定し、右ドラッグは「角度Z」に設定するような形で動作確認が非常にスムーズに行なえると思います。
  • 出力パラメータの選択について
初期パラメータ数程度であれば良いのですが、数百パラメータの中からパラメータを探すのが非常に手間です。

例えば「○○揺れ左」のグループを複製し「○○揺れ右」を作成しようとした場合、上のようにパラメータを選びなおす必要がありますが、ここで数百パラメータあると隣のパラメータなのに探すのが非常に手間がかかります。(特に物理演算用パラメータは似たような名前が非常に多くなるため)
一度削除し追加し直せば多少探す手間が少なくなりますが、倍率や反転の設定を付け直す必要があり、これではグループ複製のメリットが薄れてしまいます。

そのため、出力パラメータの設定を選び直す場合、現在選択しているパラメータを基準にリストを表示するようにしてほしいです。

よろしくお願いいたします。

コメント

  • hatyati 様

    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。

    この度は貴重なご意見、ご要望誠にありがとうございます。
    具体的な活用の用途も含めて、
    ユーザ様からの貴重なご意見として開発チームに共有いたしました。
    今後の開発の参考にさせていただきます。

    Editor 4.1.00 beta1からではございますが、物理演算・シーンブレンド設定>物理演算>出力設定>パラメータの選択について類似の名称のものの変更がある場合は一括変更が提案されるようになりました。ぜひご活用いただければ幸いです。



    今後とも弊社製品をお引き立ての程宜しくお願いいたします。

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。