【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Frameworkを参考にしたコーディングについて

お世話になります。

PixiJS v5でLive2Dのモデルを動作させたく、Cubsim SDK for Webを使用したいと思ったのですが
テクスチャフォーマットやレンダリング条件の関係でFrameworkをそのまま使用するのが困難であり、
以下のような対応を取ることを考えました。

・リソースの読み込みは独自に実装
・モデルの読み込みと表示はCubsim Core API(live2dcubismcore.min.js)+PixiJSのSimpleMeshにて独自に実装
・モーションと物理演算についてはFrameworkのコードを参考に実装

最後の「モーションと物理演算」について、

・Frameworkのコードをそのまま流用(コピー&ペースト)するわけではない
・実装を読み解き、同様の結果が得られるように書き直したものを実装

という対応を取る予定なのですが、これらはライセンス上問題ありますでしょうか?
配布することがあれば当然、Frameworkを含むSDKの利用規約に則った対応を行うつもりです。

回答よろしくお願いします。

コメント

  • 編集済:07/09
    @ねこま

    弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。
    Live2D スタッフのTakと申します。

    Cubism SDK Framework の改変(それに変わる実装)につきまして、
    コードの改変につきましては Live2D Open Software 使用許諾契約書 第2条 「ソフトウェア使用の許諾と出版許諾契約」に基づき、本契約の全ての条件に従うことを前提に許可しておりますので、ライセンス上問題ございません。
    https://www.live2d.com/eula/live2d-open-software-license-agreement_jp.html
    製品のダウンロード時にご確認されているかと存じますが、再度一読ください。

    なお、ライセンスの詳細や配布時の契約につきましては、Live2Dお問い合わせフォームよりお問い合わせお願いいたします。

    上記ご確認のほどよろしくお願いいたします。
  • 本件について問題ないとのこと、了解致しました。
    回答ありがとうございました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。