【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

クリッピングマスクがうまくできない

クリッピング機能を使用し、1枚目の画像のような3つのレイヤーを2枚目の画像のようにaの範囲にb,cを収納し、
なおかつcがbの範囲に収まるようにしたいのですがLive2Dで再現する事はできないのでしょうか。
cをa,b両方にクリッピングする等をしても3枚目の画像になってしまいます。
ご存知の方がいらっしゃればお手数ですがご教授お願いいたします。



コメント

  • 逆クリッピングマスク云々で描こうと思いましたが、ちょっとサンプルモデルを作って精査してみます
    inusuke
  • Cの消えるところが、AにもB対応して消えてほしいってことですよね。
    かなり癖がある設定が必要ですができます。(サンプルモデル作りました)
    やり方としては…
    まずクリッピングマスク(マスクを反転指定)用に、AとCの領域と反転させた真ん中が透明でくりぬかれたパーツを別途用意します。

    ・パーツAの対としてDパーツ


    ・パーツBの対としてEパーツ


    動かす前提として対になっているパーツを回転デフォーマーなどで、まとめます。
    (作例ではAパーツも動かす前提として、Aパーツもデフォーマーにまとめています)


    あとは、
    Bパーツと対のEパーツをクリッピング指定を”A"に
    Cパーツのクリッピング指定を”E,D”でマスクを反転で指定します。
    指定がおわりましたら、EパーツとDパーツの不透明度を0にしてしまえばOKです。
    これで希望していた感じになるかと思います。

    この設定の注意点としては対のパーツになっているものは相対的な位置をずらさない事、
    アートメッシュでポリゴンを割る場合は、全く同じ割り方をしないとダメということです。
    (親のワープデフォーマーの影響で、どんどんずれてくる)
    また新たに追加したEパーツ、Dパーツの領域しかCパーツが隠れてくれないので、
    動きによって領域を増やしたり大きい画像を用意しないとだめということですかね。

    これを利用すれば陰影のコントラストが強い瞼を閉じた時など、グラデーションのゆがみを気にしなくて良くなるのではと思います。
    モニターの中にモニターを映してキャラを動かすなど応用が利くかもしれませんね。

    マスクを反転用に作るときはpsdのとき半透明なっていない事。一旦パーツ出力してしまうとLive2dでは透明調整ができないので、
    領域内に隠れているはずのパーツがうっすらと出てきたりしますので注意。
    また、パーツ作画中はどうせ不透明度0%で消してしまうのでビビットな色合いで作成するとわかりやすいかと。

    ひとまずzipを添付しましたので、ご確認くださいませ。
    inusuke
  • kuro666様、donmaru2様ありがとうございます。
    現状では特殊な事をしないと難しいみたいですね。
    donmaru2様のやり方を実行してみたところうまくいきました!
    今までははみ出た部分をちまちま修正していたのですごく助かりました!
    ありがとうございます!
    [削除されたユーザー]
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。