【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

PSDを読み込むとパーツ間に隙間ができる。

PSDを読み込むとパーツ間に隙間ができます。
読み込ませているのは通常のイラストではなく、ドット絵です。
と言いましても流石に1マス1ピクセルのドット絵でLive2Dに挑戦するのは無理があるとはわかってはいますので上下左右8倍に拡大してから読み込ませています。
読み込ませた後の問題の箇所の一部がこちらになります。


レイヤー間でごく僅かに隙間ができてしまっています。
私は恐らくLIVE2D側がPSDファイルを読み込む際にアンチエイリアスを自動でかけてしまって輪郭がぼやけ、境界線で裏のレイヤーが透けてしまっているのだと判断しています。
しかし、アンチエイリアスをかけないように読み込む方法がわかりません。

ドット絵という特殊な状況ですが、どうにかなりませんか?

コメント

  • Arukuさん こんにちは

    元ドッターからの視点での返信になります
    Live2Dではニアレストネイバーで拡大といった機能がないので、ドットバイドットで表示したい場合
    テクスチャーアトラスはすべてのパーツが100%、拡大縮小を目的とした回転デフォーマは一切使わないで、ある程度軽減はできるかと
    ただし、必然的にキャンバスは小さくなりますかね、元のPSDのドット絵をニアレストネイバーで400%で拡大すれば対処できるかもしれません
    グリッドにスナップしてアニメをさせる時はできないので、半ドットで動かしたときは必ずバイキュービックのようにボケると思います(人間の目にはほぼ見えません)

    このドットモデルを何に使うかはわかりませんが、半分ドットアニメは個人的に非常に気持ち悪く感じる性質なので、
    いっそのこと欲しいフレームを一旦全部画像に出力してから、上からドット打ち直してみてはどうでしょうか?
    ドットアニメの性質を崩さずかつ、精巧なアニメが作れると思います

    以上です、よろしくお願いいたします
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。