【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Live2D Viewerが開始せずにすぐ落ちる

こんにちわ、初めてコメントをさせていただきます。
Live2Dを用いてゲーム制作をしております。今回は2回目の制作になります。

ゲーム用にデータを書き出し(テクスチャ・各jsonファイル・moc3)をしたあとで、moc3をViewerで開こうとしますが、
最初のLoading中の途中でソフトそのものが落ちます。
moc3をドラッグ&ドロップをして2,3秒くらいかと。

以前にゲーム用組み込みでLive2Dモデルを2体作ったことがあるのですが、そちらのモデルは今でも読み込みが可能でした。
今作のモデルが大きすぎたのかと思い、試しにテクスチャアトラスのデータを小さくしてみたりしたのですが変わらず…。

もしよければお知恵を貸していただければと思います。
よろしくおねがいします!

コメント

  • エリン_Elene 様
    ご質問誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。
    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
    この度はご不便をおかけして誠に申し訳ございません。

    いただいたモデルファイルを確認したところ、特定の空のワープデフォーマを削除することでViewerが正常に動作することが確認できました。
    特定のワープデフォーマにつきましては、メールにて詳細を記載しておりますのでご確認ください。

    また、削除いただきたいデフォーマですが、Editorでは正しく処理されておらず可能でしたら作成された手順や空のまま残ってしまっている理由などを教えていただけないでしょうか。

    別件ではございますが、テクスチャアトラスのサイズにつきまして本件の検証中に確認したところ、画像サイズが 16384x16384 と非常に大きいサイズとなっております。
    こちらモデルが読めないという問題には影響いたしませんが、SDK含むモデルの表示パフォーマンスに大きく影響していますので、テクスチャアトラスのサイズを 2048x2048 や 4096x4096 に抑えるなどで対応することをお勧めいたします。テクスチャアトラスは複数枚使用することも可能です。
    https://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/texture-atlas-edit/

    そのままでもモデルデータとしては読み取れるため問題はございませんが、差し支えなければ是非ご検討ください。

    これからも何卒宜しくお願いいたします。
  • Kudo様

    お返事いただきありがとうございます!
    メールやここで書かれている内容の通りにしたところ、無事Viewerが動作いたしました。

    ご丁寧にありがとうございました…!!
    kudo(Staff)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。