【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Cubism Editorで一切画像が表示されない。

先日Cubism Editorをダウンロードしたのですが、まずはサンプルデータを見てみようと起動し、サンプルデータを読み込んでも一切表示されません。
32ビット版64ビット版共にダメでした。
SDKバージョンを切り替えても出来ませんでした。

そしてログに大量のエラーが表示されていました。

環境は
Windows8.1
Intel Core i5 750
RADEON HD 6870
メモリ 4GB

となっています。
log.txt 45.3K

コメント

  • 投稿直後に事故解決しました。すいません。

    以前にも、別のソフトで一時フォルダをシステムからいじらないと動作しない、ということがあったのですが、一時フォルダに設定されいてるフォルダのなかに異常なフォルダが生成されていました。

    Windowsのusers内のフォルダに「\」が含まれたフォルダ名のフォルダが生成されており、それを削除したところ、正常に動作するようになりました。
  • 編集済: 1月 2016
    keke_luck 様

    Live2Dのご利用誠にありがとうございます。
    スタッフのnishiと申します。

    すぐに対応できず申し訳ありません。
    解決したようで安心いたしました…!

    解決策もご記入いただき大変助かります。

    またなにかありましたらお問い合わせくださいませ。
    今後ともLive2Dをよろしくお願いいたします。
  • ただ、解決はしたのですが、PCを起動させるたび、なにかがその異常な「\」入りのフォルダを生成するようで、そのたびに再びフォルダを削除しないと動作しないようです。
    そのフォルダのディレクトリとしてはC:\Users\「ユーザー名¥AppData¥Local¥Temp」
    と鍵括弧内がフォルダ名となっています。

    Live2D側の挙動としては、異常なフォルダの方に一時ファイルを生成し、正常なフォルダの方にその一時ファイルを読みに行っているという挙動となっているようです。
  • 編集済: 1月 2016
    さらに調査したところ、どうやらSkypeとFirefoxがそのフォルダを生成している挙動のようでした。

    ただ、原因はわかりませんが、一度Windowsの環境変数のTEMP及びTMPを別のフォルダに設定し、
    再度コピペで元のフォルダに戻したところ正常に起動し動作するようになりました。

    自分はFacerigとの連携を使用としていたので、SDKとかも同じ一時ファイル生成の構造だと
    やばいだろうなと懸念していたSkypeとのバッティングも回避できたのでとりあえずは解決しました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。