新しいLive2D公式コミュニティ(日本向け)が公開されました!
ぜひご利用ください!
Live2D公式コミュニティ

■このコミュニティの今後について
このコミュニティ(forum.live2d.com)につきましては、しばらくの間新コミュニティと並行して運営しますが、2022年内を目処に閉鎖する予定です。
閉鎖時期や内容については決定次第お知らせいたします。
海外向けコミュニティについては変更ございません。
【各最新OSの対応状況について】
Cubism Editorは 4.1.02 正式版以降でWindows 11 及び macOS Monterey に対応しております。ぜひ最新版をご利用ください。
※macOSをお使いの方でOSアップデートする際は必ずCubism Editorのライセンスを解除してください。
Cubism EditorをインストールしているmacOSをアップグレードしたい
Cubism SDKについては各SDKのREADMEまたはNOTICEをご確認ください。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Cocos2d-xのサンプルコードのモデル表示について


お世話になります。
cocos2dxでLive2Dを組み込むことにチャレンジしているのですが
躓いているところがありご教示いただけないでしょうか。

Cubism SDK内のCocos2dxのサンプルコード(Live2D_SDK_OpenGL_2.0.08_2_jp/sample_cocos2dx3.5/Simple)を使って
haru.mocを表示させることには成功したのですが、
haru.moc以外のモデル(Epsilon.moc)に差し替えようと思いmocファイル、textureファイルの指定を変えて試したのですが、
モデルが表示されない状態で躓いています。

以下の部分を変更しているのですがまだ修正すべき箇所があるでしょうか。
① リソースフォルダにEpsilon.moc,Epsilonのtextureファイルに配置
② SampleLive2DSprite.cpp 17行目: TEXTURES[]にEpsilonのtextureファイルを指定
③ SampleLive2DSprite.cpp 40行目付近: SampleLive2DSprite::init()内のMODEL変数にEpsilon.mocを指定

[状況]
・haru.mocはモデル表示される


・haru.moc以外(Epsilon.moc)のmocファイルだとモデル表示されない

※ビルドは成功。エラーもでていない。

[開発環境]
Mac OSX Yosemite 10.10.5
Xcode 7.2.1
cocos2d-x-3.5
Cubism SDK(OpenGL (Cocos2d-x) 2.0 2.0.08_2)

お手数ですが何かしら情報をいただけないでしょうか。

コメント

  • Omeriaanさん

    私の方でも同じよう修正しモデルを変えてみましたが、問題なく表示されました。



    フォルダパスに間違いがないか、スペルミスがないか再度確認して見て下さい。
    また、Live2D ViewerでEpsilon.mocが開けて正しく表示されるかも確認してみるとよいと思います。
  • 編集済: 2月 2016
    Omeriaanさん

    Epsilon.mocはxcodeの左側にあるソースコードツリー上で見える状態になっていますか?
    もしですが、フォルダ上のファイルを直接差し替えただけなのであれば、
    ソースコードツリー上のResourcesフォルダの中にmocファイルとテクスチャをドラッグアンドドロップしてみてください。

  • naotaroさん
    t_takasakaさん

    お返事ありがとうございます。
    とりあえずは以下で解決することができました。

    ツリー上はmocファイル、テクスチャファイル見える状態になっていたのですが、
    mocファイルの参照でfullPathForFilename: No file found at FilePath. が発生しており
    とりあえずmocファイルをフルパス指定することで解消されました。
    その後、mocファイルを選択し、Xcode右ペインにあるTarget Membershipの「Simple iOS」にチェックすることで相対パスでも参照できるようになりました。

    ご助力いただきありがとうございます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。