【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

目の開閉が顔の角度についてこない

Windows10で最新バージョンの4.1.01でモデリングをしています。
口の開閉、瞳の開閉を設定後、顔のXYの角度をつけたのですが、
口の開閉は顔の角度についてくるのですが、瞳の開閉が正面位置のまま開閉してしまいます。
口の開閉と同じ処理をしているはず...なので、なぜ、瞳だけがそうなってしまうのかわかりません
デフォーマの親子関係、もしくはパラメータがごちゃついてしまっているのだろうとは思うのですが...
ご助言いただけると幸いです。宜しくお願い致します。

コメント

  • 解決しました!いつの間にか瞳の開閉自体の位置がズレていました。
    こちらの原因は不明ではありますが...;お騒がせしました。
  • 編集済:10/21
    ぽんこつさん こんにちは

    よくあるズレの原因といたしましては、パラメーターをスライドさせた状態でツリー構成を変えてしまったり
    デフォーマウィンドウで、デフォーマ、パーツなどが、マウスポインタに引っかかり、他のツリーに移動、ツリー状態から外れてしまっていたのを後から気が付いて慌てて戻したとかがあります

    https://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/palametorpalatte/?locale=ja
    にある、「デフォルトのフォームをロック」機能、またはデフォーマ、パーツの鍵アイコンなどである程度防げます
    ただ、鍵アイコンは鍵をかけていてもポリゴンの調整、デフォーマーの調整はできないが、”なぜかデフォーマツリー内は移動できる”仕様なのでペンタブ(たまにマウス処理落ち等で発生)を使っていると妙にマウスカーソルに引っかかり、ほぼ必ず事故が起こります(集中力が切れている時におきやすいです)

    何か不具合があった場合は、「デフォルト設定値に戻す」機能、もしくはデフォーマーツリーの構成を見直してください
    原画を下絵に変換して、あらかじめ半透明で表示しておくのも不具合早期発見になると思います
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。