【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

顔の角度Xの動きをさせると右目玉が動きすぎてしまう。

上記の通りです。
右目玉が、特に顔を左向きに向かせるとかなり顔の内側により、寄り目になります。左目玉はほとんど動きません。
普通に目玉X,Yの動きや顔のXYの動きも基本的な動きはつけた後です。いろいろ試したんですがどうしても動きすぎてしまい修正しても逆に今度は目が離れたりとちょうどよい場所に収まりません。

コメント

  • ・デフォーマの親子関係は正しい状態になっているか
    ・不要なパラメータにキーが打たれていないか
    こちらを確認されるとよいかな、と思います。
    公式サンプルのひよりちゃんなどをご覧になりながら正しい状態になっているかチェックされるとわかりやすいかと思います。

    思いつく限りですと、おそらく目玉XYで付けたデフォーマが、顔XYのパラメータにもキーが打たれているのでは?と思いましたが、どのような構造で制作されているかわかりませんので判断しかねます…
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。