【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

ビルド後のLive2DModelUnityのNull参照エラー?

始めまして。いつも楽しくCubismを使わせていただいております。

さて、早速古いプロジェクトにあるSDK2.0を削除してからSDK2.1をUnity5.2へ実装し、Windows用にDev版をビルドしてみたところ、
「Null参照エラー」が多発しキャラクターを表示できなくなってしまいました。
モデルファイルのバージョンが古いからかと思い、CubismModeler2.1で古いmocファイルをSDK2.1用ファイルにコンバートして
mocファイルを読み込ませてみたのですが、相変わらずエラーになってしまいます。

Unityのエラーログを見ると、「Live2DModelUnity.Draw()」で空参照しているようなのですが、
これはmocファイルのデータが悪いのでしょうか?


ご教授の程を、宜しくお願い申し上げます。
タグ付けされた:

コメント

  • 検討違いかもですが、SDK2.1になってlive2DModel.update()の呼び出しタイミングが異なります。
    この辺りを試してみてはどうでしょうか?

    ◆Unity SDK 2.1からの変更点について
  • >naotaro様
    ご回答ありがとうございます。
    ご指摘のupdate()の呼び出しタイミングの見直しをいたしましたが、
    残念ながら、同じエラーが出てしまいます。

    関数の位置はそれぞれ
    ・Live2DModelUnity.update()をMonoBehaviour.Update()の一番最後に
    ・Live2DModelUnity.draw()をOnRenderObject()の一番最後に
    記述しています。
    また、Live2DModelそのものも空ではありません。

    因みに、SDK2.0へ巻き戻すと正常に動作するようですが、実はSDK2.0でのMacでの環境では正常に動作しないため(モデルがピンクになってしまいます)、SDK2.1のシェーダーを試そうとしている次第です。
  • 編集済: 9月 2015
    2.1で追加したシェーダはResouresフォルダ以下に入れてありますでしょうか?
    Resourcesフォルダにないと正常には表示できません。
    Resourcesフォルダ内であれば階層はどこでも構いません。
    KinuiKei
  • >y_a_s_様
    ご回答ありがとうございます。

    シェーダーフォルダーを「Resources」へ移動させたところ、正常に動作いたしました!
    また、Windows・Mac両環境での動作も正常動作を確認いたしました。
    プレビューでは表示できたのにビルドでは問題発生していたので、変に難しく考えてしまいました。
    完全にこちらの凡ミスです。

    お忙しい中の対応、ありがとうございました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。